ワクワクメール、ハッピーメール、PCMAXを使っておいしい思いをしたリアル体験談が無料で読めます。
出会い系アプリ 筧美和子似

40代でも出会える。出会い系アプリのハッピーメールを使っておいしい思いをした体験談 筧美和子似編

私のハッピーメールで体験した最高の体験談をお話いたします。

私が31歳のころ会社の同僚に誘われて初めてハッピーメールの様な出会い系コンテンツを使用いたしました。

経緯を説明いたしますと、私の働いております会社は、ほとんどが男ばかりの会社であり、数少ない女性は毎日社内を清掃してくださる可愛い叔母さま達がほとんどです。

そのことから出会いもなく、毎日が残業の日々で、たまにの休日も寝て終わってしまうような生活でした。

しかしながら、定期的に合コンを開いてくれる同僚はというと毎週のようにきれいな女性とデートをしており、毎週のようにデートの時の写真を見せて、自慢げに話してきました。

同僚になぜ出会いがあるのか?と尋ねたところ、ハッピーメールの事を教えてくれ、登録までサポートしてくれました。

それからはというと、休憩時間や移動時間でハッピーメールを開くのが日課となり、2週間位で容姿がタイプの2名の女性と連絡を取ることに成功いたしました。

1人目はドストライク中の相武紗季似の20代前半の女性で、2人目は筧美和子似のスタイルも抜群な20代後半の女性でした。

連絡が先に取れたのは相武紗季にの方でしたが、会うことに成功したのは2人目の筧美和子似の方の方が先で、食事に誘ったところOKの返事を頂き、会うことになりました。

今回はこちらの女性との体験談についてお話いたします。

先にスタイル抜群と述べましたが、サイト内のやり取りではスタイルについて分からなかったのですが、出会ったときにまず目に行ったのが乳というくらい、素晴らしいものを身に着けておられました。

その日はあくまで食事だけで帰宅しましたが、それからはlineにてやり取りをし、週に2回位会うようになりました。

彼女は看護婦で、やはり病院内での出会いが無くハッピーメールをやっていたらしいです。

看護婦で年齢も20代後半とあり、経済的にも余裕があるそうで、デートも2回に1回は彼女が支払いをしてくれました。

大人の関係になるまでに時間はかからず、初めの出会いから3回目にはホテルに行っていました。

しかも仕事柄、ストレスが溜まるらしく、夜の営みがすごかったのを覚えていますし、今思い出しても正直あんなにおねだりしてくる女性に会ったことが無かったので、興奮してしまいます。

何回かデートを重ねるうちに、看護婦の友達が出会いを探しているらしく、自分の友達を紹介してあげて欲しいと言われ、看護婦さん達と自分の会社の同僚達の6名で合コンをすることになりました。

迎えた合コン当日、どんな子を連れてくるのか心配でしたが、3人とも可愛く会社の同僚も納得の様でした。

自分と筧美和子似の子が場を盛り上げたので、直ぐに盛り上がり意気投合しました。

その後、会社の同僚1人はお持ち帰りに成功し、もう一人の同僚は帰宅。

自分と筧美和子似の子と看護婦1人の3人で飲みなおすことになりました。

場所は筧美和子似の子のマンション。

3人とも酔っていたせいか、直ぐに眠くなり自分は寝てしまいました。

迎えた朝方、筧美和子似の子に自分のジュニアを咥えながら起こされました。

すぐ隣のソファーでは、もう一人の看護婦が寝ている状況です。

自分もハラハラしましたが、彼女はやる気満々でこの状況を楽しんでいるようでした。

ハラハラとは裏腹に自分のジュニアはやる気満々にさせられ、そのままことをすることに。

頭の中では、正直このままいけばと最高の事態を考えながらことを進めると、何してるの?と友達の看護婦が目を覚まし、赤面してこちらを見ています。

職業柄かもしれませんし、このような遊び慣れをしているのか分かりませんが、気づいたときには人生初の2人を相手にことをすることになってしまいました。

あの手この手で、され放題されてしまい、クタクタにされましたが、看護婦は皆性欲が強いのでしょうか?

弱ったジュニアを2人してもてあそびます。

そのまま、2時間くらいでしょうか?満足したのか、ことが終わり3人で夕方まで寝たのを覚えています。

その後、彼女たちとそういう関係が続き、お互いづつも関係が続き、最高の経験をさせて頂きました。

今でも、合コンの相手が看護婦だとドキドキしてしまいます。

出会い系アプリ 筧美和子似
最新情報をチェックしよう!