ワクワクメール、ハッピーメール、PCMAXを使っておいしい思いをしたリアル体験談が無料で読めます。

彼氏と別れ絶望しましたがワクワクメールで恋活してみた

彼氏と別れ絶望しましたが友人お勧めのワクワクメールで恋活してみた

【20代前半、私の恋】

3年前のある日、当時付き合っていた彼氏と別れました。

かなり長く付き合った相手で、20代前半だった私は人生に絶望していました。

友達の中には結婚したり子供ができたりするカップルも多く完全に焦っていたことをよく覚えています。

何よりも辛かったのはそれまでに付き合っていた人のことが忘れられず毎日死にたい思いでいっぱいでした。

毎日会社に行き、遅くまで仕事をし、休み時間にみるSNSには友人が楽しそうに遊んでいる様子や、彼氏と仲良く写っている2ショットなどがタイムライン流れ、本当に私は何をしているのかわからなくなりました。

そんな中で唯一救いに感じたのは、週末に友達と飲みに出かけることでした。

友達と話すと心も晴れ、行きたかったお店で食事をしたり、自分のメンタル状態の向上にかなり役立っていると感じました。

そんな時に友人が私に勧めてきたのは新しい出会いでした。

もちろん、誰かを忘れるためには新しい出会いをして恋を始めることが一番です。

一人で週末に家でとる食事よりも、はやりのお店に2人で行く方がずっと楽しいのは明らかなことです。

そして私は新しい出会いを見つけて努力を始めました。

【ではどうやって出会うのか?】

こうして「恋活」を始めた私でしたが、すぐに壁にぶち当たることになりました。

始めは会社の人でいい人がいないかと目を光らせました。

当時、働いていた会社では付き合っている、同僚もいました。

その同僚にお昼休みの時に社内恋愛に関して質問をしてみると思わぬ答えが帰ってきました。

それは「社内恋愛はやめた方がいい」という現実的なアドバイスでした。

彼女が言うには社内恋愛の場合、パートナーが一定の同じ空間にいる時間が長すぎるため、全く気が休まらないと言うことでした。

しかし、20代前半独身の私にはそんなに知っているコミュニティも多くなく、

しかし既存のコミュニティではないところから新しい出会いを見つけると言う難題が目の前に立ちはだかりました。

そして、この壁に立ち向かうために見つけたのがインターネット上での出会いでした。

「ワクワクメール」と言うサービスを通じて、自分の好みやプロフィールを入力し、相性の良さそうな人を探し始めました。

正直、インターネット上での出会いには「出会い系」のイメージが強く、なかなか手が出ませんでした。

しかし、驚いたことにワクワクメールをはじめとする最近の出会いアプリはデザインもよく、一昔前のような危ないイメージが全くありませんでした。

サイトのカラー使いや写真も爽やかなものが多く、とても使い安い印象を受けました。

加えて友達に話してみると以外と出会い系サービスで知り合ったと言うカップルも多く、とても肯定的な印象を示してくれました。

【どんな相手だったか?】
ワクワクメールを通じて、出会い探しをして2週間ほど経った時に、この人に会って見たいと思う人を見つけました。

ブラジル系のハーフの男性でした。

日本には5年前に引っ越して、日本人女性との出会いを探しているとのことでした。

印象としては、サッカー選手のメッシをもう少しアジア系に寄せた、がっしりとした体型の人でした。

話も弾み、気があったので、そのあとなんども会い、最終的に付き合うことになりました。

彼とは出会い系サイトを通じて付き合ったこともあり、

最初からお互いのプロフィールやどんなことが好きかなど、データを通じて相手を知ることができていたので、

その後仲良くなりやすくてとてもスムーズだったと思います。

【出会ってどうなったのか?】

知り合ってから1年ほど交際をしましたが、残念ながらその後別れることになりました。

交際自体はうまく行っており、問題はなかったと思いますが、きっかけは、彼が転勤になったことでした。

私は地元に両親も友達もおり、ここで単身新しい土地に移り住む勇気がなく、結果的に破局することになりました。

しかし、恋愛経験的にはとても価値のあるもので、私にとっては忘れられない思い出の一つです。

加えて人との関わり方や楽しみ方が増して、前よりも人としてポジティブになることができました。

もし、出会い系サイトでの恋に踏みとどまっている人がいたら、気軽に始められる勇気を持ってみてください。

初めてみれば意外と楽しめることに驚くはずです。

最新情報をチェックしよう!